ネパール料理とは

インド、中国と隣り合った「ネパール」の料理は、インド系、チベット系、中央アジア系
など多種多様な文化が混ざり合い、影響を受けたバラエティ豊かな料理です。
アジア料理が終結したような味わいは、日本人の舌にも合いやすく、
何度でも食べたくなる美味しさ。
また、過度な調理をせず、素材を活かした料理法と、ふんだんに使用された
多数のスパイスが、心と身体に活力を与え、身体が自然と欲する味わいです。


チチル&シシリの

六本松駅からほど近いネパールバル「チチル&シシリ」は、
インド直輸入のスパイスを使用した本場ネパール料理店。
ネパール料理の美味しさを伝えたいと、店主一同ネパールへ渡り、
各地で食べ歩いた末出会ったネパール五つ星レストランの元シェフと共に、
福岡の皆様に今日も現地の味をお届けしています。

チチル&シシリが特に心がけていることは、
「現地の美味しさはそのままに、身体に優しい料理」をお届けすること。
水をはじめ、塩、油、スパイスなど、料理に欠かせない調味料にまで
一切の妥協なく、本当に良いと思ったもののみを使用しています。
だからこそ自然と感じる、「また食べたい」という気持ち。

身体が喜ぶ素材のみで生まれた美味しさだから、
自然と身体が欲する味わいです。

カレーつくり

image


チチル&シシリの

心も身体も元気になる美味しいネパール料理をお届するために。
より良い食材、素材を求めて、チチル&シシリが辿り着いた厳選素材たちが、
今日も安心安全の美味しさを皆様へお届け致します。

「人間の約60%は水でできていることから、
『水』も身体に害のない、少しでも良いものを」という思いから、
活水器『マナウォーター』を使用した水のみを使用。
マナウォーターは水の分子を微細にし、
有害物質を無害な状態に変化させるため、害がなく、
やわらかい口当たりの湧水のような水になります。
塩素など余計なものがない状態なので、無害なことはもちろん、
料理の味を変化させず、素材やスパイスの美味しさを
ストレートに感じさせます。

水

spice

ネパール料理の主役と言っても過言ではない『スパイス』は、本場インドから直輸入。 多種多様なスパイスは単体で使用されることはほとんどなく、多くの中からシェフそれぞれが「ベスト」と感じる組み合わせ、量、混ぜ合わせるタイミングで作り上げる『マサラ(複数のスパイスを混ぜたもの)』にして料理に使用します。

シェフ

とくに五ツ星レストラン出身のシェフが作るチチル&シシリのマサラは『魔法のマサラ』と呼ばれ、多くの料理の美味しさを生み出しています。

塩

シンプルな調理法な分、料理の味を左右する『塩』は、角がなく、まろやかな味わいが特徴の『モンゴル塩』を使用。モンゴルの湖の底の岩塩で、ミネラルが豊富。塩の持つコク、旨味が、料理に深みを与えます。

てんさい糖

砂糖は身体を冷やすため、身体を冷やしにくい北海道産の『てんさい糖』を使用。ミネラルが含まれ、まろやかな甘さが特徴です。 カレーには使用しませんが、ナンやラッシーなどで使用しています。

油

油は、油分が少なめで、比較的ヘルシーな油とされる『ギー』を使用。インドを中心とした南アジアでよく使用され、動物のミルクから作る発酵無塩バターを煮詰めて水分などを取り除いたもの。コレステロールを下げる効果も期待できるとされています。

厳選素材を

厳選素材を使用した料理は、シェフの技で心も身体も自然と欲する絶品ネパール料理へと姿を変えます。
小麦粉を使用しない『カレー』、
皮から手作りの人気メニュー『モモ』、
魔法のマサラの味わいがたまらない
『タンドリーチキン』など、
チチル&シシリならではの数々の美味しさを
お愉しみください。

  • ビリヤニ
  • カレー
  • チキン

チチル&シシリの人気メニュー


Top